おうごんぶんかつ

おうごんぶんかつ【黄金分割】
一つの線分を二つの部分に分けるとき, 全体に対する大きな部分の比と, 大きな部分に対する小さい部分の比とが等しくなる分け方。 大と小との比は約一・六一八対一で, 古代ギリシャ以来最も調和的で美しい比とされた。 外中比。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • ごだんかつよう — ごだんかつよう【五段活用】 口語動詞の活用形式の一。 五十音図でア・イ・ウ・エ・オの五段にわたって活用するもの。 〔元来はア・イ・ウ・エの四段にわたる活用であったが, 助動詞「う」に続く形を現代仮名遣いで, 「行こう」「買おう」の「こ」「お」のように, オ段で書くようになってから五段活用と呼ぶ〕 → 四段活用 …   Japanese explanatory dictionaries

  • おうばんぶるまい — おうばんぶるまい【椀飯振(る)舞い】 (1)気前よく, 人に食事や金品を振る舞うこと。 盛大にもてなすこと。 〔のちに誤って「大盤(オオバン)振る舞い」と書かれることが多い〕 (2)江戸時代, 正月に一家の主人が親類縁者を招いて開いた宴。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • おきごんどう — おきごんどう【沖巨頭】 鯨目マイルカ科の一種。 体長約5メートル。 ずんぐりした頭部をもち, 顎には短くて丈夫な歯が並ぶ。 群れを作って, 大形の魚類やイルカを襲う。 世界中の暖海域で普通に見られる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • おうばん — I おうばん【椀飯・埦飯・垸飯】 〔「わんはん」の転〕 (1)椀(ワン)に盛った飯。 「屯食五十具, 碁手の銭, ~などは, 世の常のやうにて/源氏(宿木)」 (2)人をもてなすための食膳。 また, 饗応。 平安時代には年始や五節に公卿たちが宮中に集まるときに, 何人かに課して饗応させた。 鎌倉時代以降は大名が将軍に祝膳を奉ったり, 家臣が主君を饗応したりして主従の結びつきを強めた。 「三日が程は, ~といふ事/増鏡(さしぐし)」 II おうばん【黄幡】… …   Japanese explanatory dictionaries

  • おとこ — おとこ【男】 〔若返る意の「をつ」と同源かといわれる。 「をとめ」に対する〕 (1)ヒトの性のうち, 女を妊娠させるための器官と生理をもつ方の性。 男性。 男子。 ⇔ おんな (2)雄々しさ・強さ・潔さ・積極性など, 一般に男性にそなわると考えられている特質に着目した場合の, 男性。 「天河屋の義平は~でござるぞ/浄瑠璃・忠臣蔵」 (3)成人した男性。 成熟した男性。 「~になる」「もう一人前の~だ」 (4)女性が異性として愛する男性。 愛人。 情夫。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • お母さん — おかあさん【お母さん】 (1)〔明治末期以後「お父さん」とともに国定教科書で用いられ, 一般化した語〕 「母」を丁寧にいう語。 子供が母を呼ぶ時に用いる。 一番普通の言い方。 ⇔ お父さん 「~, ただ今」「君の~, おいくつ」 (2)母親の立場にある人をいう語。 母親が自分をいう場合にも用いられることがある。 ⇔ お父さん 「いい~になって下さい」「~はもう知りませんよ」 (3)花柳界で, 芸妓・娼妓が置屋や茶屋の女将(オカミ)を敬って呼ぶ語。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • おとうさん — おとうさん【お父さん】 (1)〔明治末期以後「お母さん」とともに国定教科書で用いられ一般化した語〕 父を丁寧にいう語。 子供が父を呼ぶとき使う一番普通の言い方。 「~, 行ってまいります」「君の~, お元気ですか」 (2)父親の立場にある人をいう語。 父親が自分をいう場合にも用いられることがある。 「~は怒っているんだぞ」「あいつもいい~になったなあ」 ⇔ おかあさん …   Japanese explanatory dictionaries

  • お父さん — おとうさん【お父さん】 (1)〔明治末期以後「お母さん」とともに国定教科書で用いられ一般化した語〕 父を丁寧にいう語。 子供が父を呼ぶとき使う一番普通の言い方。 「~, 行ってまいります」「君の~, お元気ですか」 (2)父親の立場にある人をいう語。 父親が自分をいう場合にも用いられることがある。 「~は怒っているんだぞ」「あいつもいい~になったなあ」 ⇔ おかあさん …   Japanese explanatory dictionaries

  • おぼうさん — おぼうさん【御坊さん】 (1)僧を敬い, 親しんで呼ぶ語。 (2)男子の小児の愛称。 おぼっちゃん。 「背中におぶつた~は首をがつくり横にまげて/滑稽本・浮世風呂 4」 (3)大事に育てられ世俗のことにうとい良家の子息。 「どうしてあの~が, そんなはたらきが出来るものかね/人情本・梅之春」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんがえる — かんがえる【考える・勘える】 〔古くは「かむがふ」とも表記〕 (1)物事について, 論理的に筋道を追って答えを出そうとする。 思考する。 「いくら~・えても解けない問題」 (2)さまざまなことを材料として結論・判断・評価などを導き出そうとする。 「転勤の件は少々~・えさせて下さい」「子供の将来を~・えて厳しく育てる」 (3)(形容詞・形容動詞の連用形に付いて)それが…である, という感情や評価をもつ。 …だと感ずる。… …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.